演奏会のお知らせ
歌の会について
活動の記録
歌の会に問い合わせる

歌の会メンバー
玉敷 やよい(たましき やよい)
メゾソプラノ
武蔵野音楽大学卒業、洗足学院大学マスターコース修了。篠原節子、中山悌一、中島基晴、伊原直子の諸氏に師事。86年・渡伊、G・ヴィルディ音楽院に学ぶ。A・ベルトラ、G・シミオナートの諸氏に師事。89年ベルガモ歌劇場における「椿姫」フローラ役でデビュー。90~92年にかけて「蝶々夫人」のスズキ「リゴレット」のマックレーナ役でヨーロッパ各地をまわる。国内でもベートーベンの「第九」、ヘンデルの「メサイア」、大木正夫カンタータ「人間を返せ」などのソリストを務める。90年より労音主催による「イタリア音楽紀行」連続演奏会を続けている。二期会会員。